6/18(土) 新人歓迎会開催のご報告

ご報告が大変遅くなりましたが、6月18日土曜日、17時より六本木・竹茂(高26回卒・竹之内先輩のお店)にて3年ぶりとなる新人歓迎会を開催いたしました。

今はコロナ禍の影響で歓迎会等も自粛の流れにありますが、2ヶ月前は、ワクチン接種などの感染症対策が進み、感染者数や重症化リスクが減少していたこともあって、同窓会活動の再始動とともに、久しぶりに集い会う機会になればとの思いで、皆さんにお声がけさせて頂きました。

その結果、社会人5名、大学生9名の計14名が参加。田中副会長、中村副会長をはじめ17名の同窓生で盛大に歓迎し、過去最多の参加者数となりました。

新人参加者の皆さんですが、東京に転勤して来られた社会人の中には、ちょうど今年の関東当番(高41回卒)の方もいて、同期メンバーとの話も弾んでいた様子でした。

また、今春に高校を卒業した大学1年生の参加者5名全員が「嘉穂高等学校附属中学校」からの中高一貫校の出身でした。たしかに新たな時代の流れを感じます。

この夏はまた感染者が増えていますが、早く感染者数が落ち着き、11月の同窓会には、安心して一同に集まれることを願って止みません。

コロナに酷暑にと厳しい夏ですが、皆さまくれぐれもお体に気をつけて、お健やかにお過ごしください。

青年部長 日高 伸次


布施 雄一郎さん(高38回)著書「The EFFECTOR BOOK Presents 音の正体」のご紹介


フリーの音楽テクニカルライターとして活躍されている高38回・ブラスバンド部OBの布施雄一郎さんが、2022年6月17日にシンコーミュージックから著書「The EFFECTOR BOOK Presents 音の正体」を出版されました。
音楽専門誌「The EFFECTOR BOOK」で2011年から連載されている名物コラム「音の正体」の書籍化です。

ーー音響を専門的に学んだバックグラウンドを活かし、音楽ライターとして大活躍している著者が、“音の鳴り方・聴こえ方”をわかりやすい語り口で次々に紐解いていくさまは、学術的な専門書とは一線を画す、“音楽的な”スタイル(出版元HPより)ーーとのこと。

ちょっと違う視点から音楽の楽しみ方が深まりそうで興味がそそられます。音楽好きの同窓生の皆さん、ぜひ!オススメです!

■詳しくはこちら https://www.shinko-music.co.jp/item/pid0651782/
■ご購読はこちら https://amzn.to/3M35jtE