12/20〜27 野見山暁治先輩収蔵作品展のご案内

(*画像は練馬区立美術館よりお借りしました)

洋画家の野見山暁治先輩(中36回卒)が本年8月1日「練馬区名誉区民」になられたことを記念して、12月20日より練馬区立美術館で「練馬区名誉区民顕彰記念 野見山暁治先輩収蔵作品展」が開催されるとの知らせが事務局に届きました。貴重な情報をありがとうございます。

ご存じの方も多いかと思いますが、野見山先輩は、東京美術学校(現 東京藝術大学)で学んだ後、1952年から64年にかけて渡仏、在仏中に第二回安井賞を受賞されました。
帰国後、1971年に練馬区にアトリエをかまえて以後、練馬を拠点の一つとして、活発に制作を続けられています。
東京国立近代美術館で展覧会を開くなど、日本の現代洋画界を代表する画家であり、現在、東京芸術大学名誉教授、2000年に文化功労者認定、2014年に文化勲章を受章されました。

練馬区立美術館では、開館当初から野見山先輩の作品を収集し、現在では、収蔵品も50点を超えているそうです。この機会に是非、野見山先輩の作品に直に触れてみられてはいかがでしょうか?

<開催案内>
練馬区名誉区民顕彰記念 野見山暁治収蔵作品展
会 期  2017年12月20日(水)~12月27日(水)
休館日  月曜日
開館時間 午前10時~午後6時 *入館は午後5時30分まで
観覧料  無料
会 場  練馬区立美術館 3階展示室(練馬区貫井1-36-16)

*詳しくは「練馬区立美術館HPをご覧ください。

 


祝!嘉高OB マスターズ甲子園 初勝利!!

皆さま周知のところですが、11月12日(日)、甲子園球場にて開催されたマスターズ甲子園に福岡代表として嘉穂高校野球部OBが出場、見事初勝利を収められました。あらためて、おめでとうございます!

應援團OB会主導のもと、この日、各地から応援のために駆けつけた卒業生は総勢200名以上。関東地区同窓会からもたくさんの同窓生が地区会旗の下、甲子園に馳せ参じました。。ブラスバンド部OBで作る楽友会もこの日のためにマーチングバンドを編成し、スタンドを盛り立てます。

関東地区会旗も甲子園球場へ!

他県のチームは平均20名ほどの応援で、応援マーチングバンドも地元の高校のボランティアという中、嘉穂高校の団結力と大応援団の威力(!?)にマスターズ甲子園事務局も驚きだったそうです(笑)。

関東地区から塚本幹事長も応援団リーダーとして参戦!

試合は、1回表に先制した直後逆転され、2回表で同点に追いつくも、直後に5点返され、続く3回で返せたのは1点…と4点差を追うハラハラどきどきの展開。でも、バックネット裏の応援の声が小さくなることは決してありませんでした。

3回裏を0点に抑え4点差で迎えた4回。応援団OBのリードの下、約15分の攻撃の間ずっとみんなの気持ちが一つになったコンバットマーチが続きます(応援団の方、ブラスバンドの方、相当きつかったはずです!!)。

そんなスタンドの応援に、勝利の女神の心が動いたかのように、その回はあれよあれよと3点追加。とうとう1点差まで追いつき、スタンドは大絶叫!

1点差まで追いつき、沸きに沸くスタンド応援陣

続く5回は、両チームとも0点のまま。90分の制限時間とにらめっこしつつ迎えた6回。スタンドの応援がさらに大きく響く中、1点を返して同点に!そして、とうとう逆転!!
夢にまでみた甲子園初勝利が本当になった瞬間です。

選手とスタンドとが一つになって勝ち得た勝利…この素晴らしい瞬間に立ち会えたことに感謝感激。忘れられない思い出になりました。

甲子園に私たちを連れてきてくださった野球部OBの皆さん、中心になって盛り上げてくださった応援団OBの皆さん、そして一緒に応援した卒業生の皆さん、本当にありがとうございました。

◆当日の試合の様子が西日本新聞にも紹介されました。
記事本文はこちらに転載


また、当日の写真や動画はFacebookページ「嘉穂高校マスターズ甲子園2017」でもたくさん紹介されていますが、こちらのHPでも一部ご紹介♪

写真館:マスターズ甲子園2017
映画館:マスターズ甲子園2017<応援団の勇姿>

来年もまたここ甲子園で校歌が歌えるといいですね!