2019年度 春の理事会のご報告

新年度を迎え、卒業生の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、去る3月8日(木)「東天紅」オペラシティ店におきまして、理事83名中46名ご出席のもと、「嘉中・嘉穂高等学校関東地区同窓会 春の理事会」が執り行われました。

田中副会長(高26回)の開会のご挨拶を頂いた後、塚本幹事長(高27回)より退任を希望される理事8名と新理事候補として福山さん(高19回)が紹介されました。
また、新幹事に栗原義之さん、平田雅浩さん(共に39回)、新たに副幹事長として江上朋広さん(高37回)が紹介されました。

その後は、2018年度の活動報告、2019年度の活動計画案と収支予算案のほか、今年度より回期を超えた繋がりを作ることを目的とした「サークル活動費」を予算化する説明等がなされ、拍手を以て議決されました。

さらに、2018年度当番の平田実行委員長より昨年の総会報告があり、あらためて理事会や同窓生の皆様への感謝とお礼が伝えられました。

2019年度当番の浅野実行委員長(高40回)からは、10月4日(金)に開催される「第71回嘉中・嘉穂高等学校関東地区同窓会」について説明があり、新元号になって初めての記念すべき同窓会になるよう、諸先輩方のご指導を頂きながら大成功させたいとの決意表明がありました。
本年度当番の40回皆様、どうぞよろしくお願いします!

続いて事務局より年会費納入のお願いや青年部、HP委員会の活動報告等があり、理事会は無事に終了。

その後は、恒例の懇親会となりました。

皆さん、和気あいあいと歓談のひとときを過ごされ、西坂さん(高17回)率いる小笠原太鼓の演奏や、塚本幹事長のエールによる校歌斉唱で大いに盛り上がりました。

ご参加頂いた理事、幹事の皆様、そして、懇親会をお手伝いくださった本年度当番の皆様、お疲れ様でした。