平成28年度新人歓迎会のご報告

6月24日(金)、今年も六本木・竹茂にて新人歓迎会が開催されました。今年は社会人1名、大学生6名の7名の皆さんを15名の同窓生がお迎えしました。

宴もたけなわとなった頃、原会長(高3回卒)のご挨拶の後、皆さん元気に自己紹介してくださいました。

こちらでの学生生活を満喫されている方、これから本格的に就活スタートの方、内々定が決まり来年社会人1年生となる方、社会人3年めで将来の目標に向かってお仕事に邁進されている方…などなど、夢と希望に溢れる新人の皆さんに、私たちも若かりし頃を思い出し、たくさんの元気を頂きました。

若かりし頃と言えば、この日は原会長が嘉高陸上部時代のエピソードをお話しくださり、なんと当時の写真まで披露してくださいました(笑)

締めはお約束、塚本さん(高27回卒)のエールに合わせ、一同で元気に校歌斉唱。

いつもお世話になっている竹茂の女将、竹之内さん(高26回卒)ももちろんご一緒です。お店に来られていたお客様から「どこの大学ですか?いい歌ですね」と尋ねられたそうですよ。

この日は竹之内さんにお願いして、福岡の漢詩家で医師の故松口月城先生作詞の嘉穂高校の漢詩を揮毫していただきました。高校で漢詩があるのは希有だそうです。品があって迫力があり嘉穂の勢いが伝わります。

最後は皆さんでパチリ☆

関東地区同窓会の歴史も実は大変古く、歴史を遡ると戦前の話になるそうです。こうして今、世代を超えて一堂に会することができるのも、嘉穂魂を胸に関東の地で奮闘されてこられた先輩方のご厚情の賜物です。
若い頃は申し訳ないくらいわかりませんでしたが、年を経るごとに、そのありがたさが身に沁みてきます。。。

さて、余談ですが、この日は、関東地区同窓会幹事会の法被も初お目見えとなりました。いつも幹事が誰だかわからない、という声があがっておりましたが、今年の総会からはこの法被が目印です。どうぞ遠慮なくお声がけください!