「病と健康のよろず相談書」木村專太郎さん(高9回)著書のご紹介

 福岡市で現代版“赤ひげ先生”としてご活躍されている木村專太郎先生(高9回)の著書をご紹介します。
 健康な体づくりのためにとても役立つ本なので、関東の皆さんにもぜひ読んで頂きたいと、関東地区同窓会の同期の先輩からご紹介頂きました。

 木村先生は、九州大学医学部卒業後、昭和40年渡米。アイオワ州デ・モイン市国立ベテランズ病院とアイオワ大学にて5年間外科研修を受け、昭和47年に帰国後、飯塚病院にも勤務されました。昭和50年九州大学医学部で博士号取得。平成13年4月、福岡市南区三宅に「病と健康のよろず相談所・木村專太郎クリニック」を開設され、最新のオーソモレキュラー医学(分子整合栄養医学)にもとづいた栄養療法でたくさんの患者さんを救ってこられました。

 いま起きている体調不良を根本から見直し、体の内側から改善させる情報がこの一冊にまとめられています。
 病気にならない、医者いらず、クスリいらず、になる体づくりの知識満載です。初版は売り切れ、この度増刷されたとのこと、この機会にぜひご購読ください!

■「病と健康のよろず相談書」木村專太郎(著)
 青春出版社/2022年11月1日発売/定価1540円
*購読・詳細はこちら
https://www.seishun.co.jp/custombook/23578/


2023年新春のご挨拶

 皆様、新年あけましておめでとうございます。
 昨年は、コロナ禍の中ではありますが、下記イベントを開催することが出来ました。幹事や当番の41回生の皆様、ありがとうございました。
特に総会・懇親会は大盛況でした。

 ① 6月18日(土) 新人歓迎会
 ②10月21日(金)青年部企画ボーリング大会
 ③11月25日(金)関東地区同窓会総会・懇親会
 ④12月 3日(土)嘉穂関東オープンゴルフコンペ

 Withコロナの活動になりますが、会員の皆様の協力を頂き、ようやく活動を開始出来ました。
平素より皆様の同窓会活動への理解と協力があり、幹事や総会当番がコロナ禍を頑張ってくることが出来ました。
あらためて感謝申し上げます。

 2023年は私達を取り巻く環境がより一層変化し、対応を迫られることになると思われます。
コロナを克服し経済が活性化し、国内に活力が戻って欲しいと思います。
国外に於いても重要で且つ尊敬される国になって欲しいと願っています。
嘉穂高校関係に於いては、引続き色々な分野で同窓生が活躍されることと思います。

 関東地区同窓会でいつも思うのは、筑豊の田舎の環境からこんなにも多くの優秀な人材を輩出したものだと。
さすが嘉穂高校という結論に至り、その卒業生であることに誇りを感じます。嘉穂高校でよかったという一言です。

 そのようなことを考える年始ですが、皆様の健康で幸多き一年でありますことをお祈り申し上げます。

嘉中・嘉穂高等学校 関東地区同窓会
会長 田中 寛利(高26回)